2015年5月26日火曜日

北陸・石拾い旅

3~4年前からガイドブックなどに載っていた、紫水晶で有名な尾小屋鉱山へ一度行ってみたいと思っていた。ついでに、メノウやオパールの産地にも寄って来よう。

<金平坑>

ズリを登って行くと尾根上へ。

<おなじみの鉄塔>

探索がてら周辺を徘徊するが、やや紫がかった小さいのが1個、あとは欠片しかなかった。一旦諦めて降りようとすると、下から、年季の入ったスタイルの60過ぎのオジサンがスコップ持って登って来られ、神奈川のUです、と名乗られた。

次に、ネット情報にあったガケは単なる切通し、次は、倉谷地区へ行かんとするがゲート通行止め、結局、尾小屋鉱山資料館へ。

<大倉岳地図>

<尾小屋鉄道>

<尾小屋鉱山資料館>

採集ポイントの展示があり、参考になる。

<宝の地図>

<採集ガイド>

ざっと見て、五国寺大谷鉱山に行ってみた。

<大谷鉱山?>

う~ん、産廃処分場になってしまっているみたい。戻って、林道を少し先へ進むと、選鉱場らしき遺構があり、ここのようだ。道路右の堀跡には、わずかに水晶っ気があった。

<選鉱場?>

選鉱場右手より入ると、広場奥に旧坑があった。

<旧坑>

結局、収穫は無かった。次に、金平町のAu記号を探索。小さな旧坑が数個あったが、石の収穫は無し。

<旧坑>

<散在する米水晶石>

最後に、再び、金平坑へ。ホリホリしてると、下から、Uさんが登って来られ、成果が無いと嘆いておられた。当方も同様だが、ショボイものだが紫の君を2個拾うことができた。う~ん、もっと早く来るべきだったか、絶産といってもいいかな。

せせらぎの郷で入浴、粟津温泉・銀なべ食堂で弁慶ソバを食し、赤瀬ダムにて車中泊。

<赤瀬ダム>

<那殿観音、泰澄大師像>

那谷寺の奥の院です。観光寺でないのがイイ!

<本堂>

<くもろ巌(いわや)>

参拝後、付近の谷川でオパールを拾う。少し先の林道支線にも気配あり。ネット情報にある菩提の墓地造成地は既に墓石設置済みで、墓石脇の赤土にメノウが見られた。

一路、医王山へと向かう。断片的なネット情報から推測して某谷へ。上流から山ウェアに身を固めた女の子が2人降りてきた。山菜採りとのこと。

<メノウ脈>

<(左)メノウ、(右)オパール>

<珪化木(木の化石、年輪付き)>

時間が余ったので、下調べは全くしてないが、偵察がてら遊泉寺銅山に行ってみることにする。噂では、「加賀紫」と呼ばれる紫水晶が採れるそうな。

<案内板>

 土木作業の人から、熊が出るゾ、と脅される。なるほど、先の山道の脇に、熊檻のワナが仕掛けてあった。

<遊歩道入口>

山道の脇から物音がするので覗いて見ると、なんとUさんではありませんか。平行連晶なるものが出るそうだ。掘るには時間が足らないので、今回は、銅山全体を把握すべく先へ進むことにした。

<遺構>

<砂山>

帰路、とあるヤブ斜面へ分け入って行くと、掘り穴だらけだったが、水晶っ気は見当たらなかった。


にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 惜しい

    遺構まで行ったら行き過ぎです。

    手前の休憩所付近に水晶はあるのに。。。

    返信削除
    返信
    1. わざわざアドバイスくださりありがとうございます!
      今度行ったら気をつけてみます。

      削除