2017年7月27日木曜日

奥秩父・小川山、甲武信鉱山 水晶掘り

先日、表記の産地に遠征してきました。近年、とみに軟弱になり、猛暑の7~8月はアウトドア活動しないことにしてましたが、珍しく石友さんからのお誘いがあり、重い腰が上がりました。

前夜発で長野県川上村、小川山の廻り目平より入山。

<西股沢の清流>

<ロッククライミングの小手調べ岩>

今回は山上ではなく高度差100m余り登った所。下界は猛暑でしょうがここは涼風の別天地。あっちをホリホリ、こっちをホリホリと、小一日粘って自分的にはそこそこの水晶が採集できて満足でした。

 <水晶産地>

今夜のお宿は定番の湯沼鉱泉。決して小綺麗ではありませんが、夕飯は肉・渓魚・高原野菜など、ボリュームたっぷりでいつも満足です。関東からの石友さん2名も合流して、皆さん有名な鉱物ブロガーたちだけあって、ユニークと言おうかなんと言おうか、とにかく興味の尽きないお話で盛り上がりました。

 <夕食は御馳走、テンプラやサラダもあったよ>

翌日は、甲武信鉱山へ行く前に近くで軽くひと堀りしましたが、小さなのが少し採れただけでした。

 <朝飯前?の産地>

さて、甲武信鉱山は緑水晶ズリで大物が採れるとの触れ込みでしたが、残念、不発でした。けれども、この鉱山は広大で、かつ心置きなく掘れるので再訪したいところです。

<甲武信鉱山・第二テラスの坑口>

今回、採集した水晶は、泥落としのため、手間なしブライトに3日、鉄サビ落としのため、蓚酸溶液に3日、現在、再度の蓚酸溶液に漬かっています。適当な時に取り出して画像をアップしたいと思っています。

早く涼しくならないかな~~。「裏田上や北伊吹では大物がお待ちですぜ!!」「笠ヶ岳や飯豊はリベンジしないのかね?軟弱なおじさんだな」などと悪魔が耳元で囁いております。図書館通いでリストアップした気になる場所も多数、積み残したままですしね。膝との相談ですな。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿