2017年7月13日木曜日

文部科学省~~日本国の伏魔殿~~

近年、各省庁は自らの利権温存に走り、国民目線で仕事をしてきませんでした。そのため、安倍政権では、各省庁の幹部人事権を官邸主導に改めました。最初にメスが入ったのが、文科省天下り問題です。そして早速、炙り出されてきたのが前川喜平(前事務次官)です。こんな奴が文科省トップだったなんて呆れて物も言えません!!



そして、テレビ局に重宝され、前川を弁護し、安倍政権を叩きまくっているのが、かっての部下、寺脇研(元文科省官房審議官)です。覚えておいででしょうか?いわゆるゆとり教育で日本の教育水準を貶めることに貢献した戦犯です。今は、コリア国際学園でモーレツ教育を推進しているそうです。


まったく腐りきっていますね。下にぶら下がってる大学も似たり寄ったりかも。

<文科省の岩盤規制の構図>
獣医師系大学・獣医師会===新規参入阻止を依頼===>文科省
文科省===天下り===>獣医師系大学

<加計学園問題の本質>
さて、先日の閉会中審査をお聞きになられたでしょうか?午後の青山繁晴(自民党参議院議員)の質問に対する加戸守行(前愛媛県知事)さんの答弁にすべての真実が凝縮されていたように感じました。

【加計学園】絶対に報道されない真実 
前愛媛県知事 加戸 守行 の悲痛な叫び (約20分)


最後に、全体経過の良いまとめがネット上にあったので下記に紹介します。

加戸さんの説明良かったけど多分マスコミは全カットでしょうね。
だからその中の客観的資料である議事録の部分をわかるように書き起こしてみました。
【加計学園新設:議事録による流れ】
2003年:既得権益守りたい文科省が一方的に告示で「獣医学部新設認めない」とハッキリ発表。医学部なども。50年間新設なしという異常事態に。
  ⇩
2007年:獣医師不足深刻で愛媛県と今治市が獣医学部誘致を呼びかけ加計学園だけが応じる。文科省に疫病など深刻な事態を伝え交渉するが一切門前払い。
  ⇩
2009年:民主党政権発足
2012年:安倍政権発足
  ⇩
2014年:国家戦略特区立ち上げ
  ⇩
2015年6月:「石破4条件満たせば新設OK」と閣議決定
国家戦略特区基本方針に「規制の緩和を嫌がる場合、その正当な理由を説明する義務が文科省にある。(挙証責任)」があり
獣医学部に新しい需要があるのかないのかを2016年3月までに説明する義務が文科省に生じるが回答できず。
  ⇩
「新設いけるんちゃう?」で京産大が手を挙げる。
  ⇩
安倍さんとりあえず9月まで文科省の回答を待つ。
2015年9月:ワーキンググループのヒアリングで文科省は「挙証責任を果たす義務があるのは、新設したい学校側ニダ。」と朝鮮人並のとんでもない事を言い出す。
「アホ!」と一喝されその後文科省ダンマリ、完全敗北。
  ⇩
文科省は課長級の交渉で完全敗北しており総理が出てくるまでもない
普通に考えてあの怪文書メモは、課長などが上司などに対する言い訳として考えた捏造メモ。
  ⇩
結論:こんなバカ話で国政にダメージを与えた前川は処刑されても仕方ない。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年7月4日火曜日

【東京都議選】祭り~雑感~

マスコミでは、都議選なのにまるで国政選挙で自民党が大敗したかのような異様な盛り上がり方ですね(笑)

今回の都民ファースト圧勝は、下記の3要素が、無党派層やB層(マスコミ報道に流されやすい、比較的IQが低い人たち)に作用したのが原因のように思います。

1.前回の東京都知事選での圧倒的な小池さん人気
2.ドン内田、ノビテルこと石原伸晃など都議会自民党議員への反感
3.森友加計問題・稲田失言・暴言議員などマスコミによる真贋取り混ぜての執拗な自民叩き報道

ともあれ、今後、自民党には濡れ衣や失点を払拭するためにより一層、丁寧な姿勢が求められるでしょう。また、衆院選までには1年半もあるので影響はさほどないでしょう。

<都民ファーストなかりせば>
もし都民ファーストなかりせば、自民票が野党4党側に大量に流れることは必至でした。もしそんなことになれば、野党4党が勢いづき、国政にも大きな影響が出かねません。そのための受け皿ではなかったか、という見方があります。

<都民ファーストはごった煮では?>
野田数:現代表ですが過去に日本国憲法無効論・大日本帝国憲法回帰を唱えるなど極右?
平慶翔:下村博文事務所より政治資金横領疑惑で告訴予定
ほか、自民党・民進党からの離党組、犯罪嫌疑者、などなど


小池さんはさっさと代表を辞めてしまいました。
ひょっとして都民ファーストは「民進党つぶし」??
ついでに都議会自民のゴミ掃除で一石二鳥??


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年6月25日日曜日

日本の平和を脅かす者~~グローバリズム~~

ここ2~3年、有り余る余暇を趣味だけに没頭していては恥かしいとばかり、時事問題に興味を抱き、新聞・テレビはもちろん、自由な言論空間であるインターネットでの識者の意見も常時ウォッチし、関連の著作も読んできました。その中で、日本の平和を守るため、世界情勢(日本国内も含む)を紐解くうえにおいて

共産主義圏 =>侵略=> 自由主義圏

という対立構造の理解が重要だということがわかりました。我が国が大東亜戦争へと追い込まれていった裏には、共産主義スパイの暗躍があった、のはほぼ間違いがないようですし、いわゆる学生運動の原動力はまさに共産主義思想でありました。

しかし、勉強を進めてゆくうちに、それだけでは見方を誤る、さらに大きな枠組みで世界をとらえる必要があるということがわかってきました。それは

グローバリズム =>侵略=> ナショナリズム

という対立構造です。つい最近まで、グローバリズム=資本主義の権化・極致、のようなイメージを抱いていました。しかし、どうやらそれは誤っていたようです。ここで各々の同類をまとめてみました。

< グローバリズム・国際(干渉)主義 >
リベラル共産主義社会主義、トロツキズム(世界同時革命)
在日韓国朝鮮人民進党日本共産党中国韓国北朝鮮
多国籍企業、規制緩和、民営化、小泉純一郎、竹中平蔵
EUメルケル、移民、ロスチャイルド財閥(英)
オバマヒラリー、エスタブリッシュメント、ネオコン(新保守主義)
国際金融資本、ウォールストリート、軍産複合体、ロックフェラー財閥(米)

< ナショナリズム・国家主義 >
自由主義、資本主義、共同体
自民党安倍総理トランププーチン

実は最近、なぜこのような分類になるかが良く理解できる著作を読みました。正直、目からウロコ、でした。以下、amazon書評を参考にして、紹介します。

<注目の論客:馬渕睦夫氏>
アメリカのメディアに限らず、日本のメディアもトランプ大統領に対しては批判一色だが、そんななかで、トランプを肯定的に評価しているのが本書である。著者は元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏。保守派の論客のなかでも、注目株といっていい人物だ。

<著書:アメリカ大統領を操る黒幕>
大統領選の期間中、米メディアは明らかにヒラリーに肩入れした偏向報道を繰り広げ、トランプに完敗した。著者は、選挙戦の最大の敗者はヒラリーではなくメディアであり、トランプの勝利はアメリカの一般大衆による「反グローバリズム革命」だったと言う。グローバリズムからナショナリズムへと世界の潮目が変わる象徴的な出来事が、イギリスのEU離脱であり、トランプ大統領誕生だったのだ。

トランプ大統領は、「国境に壁を築く」「不法移民を追い出す」「輸入品に高関税をかける」「海外に工場を建てさせない」など、エキセントリックな政策を打ち出し、就任直後から大統領令を乱発しているが、問題は、これらはすべてグローバリズムの否定であり、アメリカを支配してきた旧来のエスタブリッシュメント層(国際金融資本)の意志に反していることだ。メディアによる国民誘導(日本メディアの安倍たたきも同じ構図)に失敗した支配層は、次にどんな一手を仕掛けてくるのか。先進国のなかでアメリカほどしょっちゅう大統領が暗殺される国は他にないが、それは支配層(キングメーカー)の意思に反したからだと著者は言う。

トランプがどんな世界観をもち、何を理想としているのかを本書は明らかにしながら、それに日本はどう対応すべきかを指南する。日本は“ジャパン・ファースト”で行け、ということだ。

そして、安倍総理、トランプ、プーチンの共通点がわかった。

グローバリズムの侵略から、
国家(共同体)の平和を守ろうと戦っている!!



ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年6月12日月曜日

共謀罪でお困りの方々(笑)

朝鮮半島では依然として緊張状態が続いておりますね。かってアメリカなど欧米列強が日本国をABCD包囲網(石油禁輸)で締め上げて大東亜戦争に追い込みましたが、北朝鮮も同様にジワジワと追い込まれています。トランプは北朝鮮のREDライン越えに対して必ず鉄槌を下すでしょうが、北朝鮮を温存したい勢力はロシアゲートなどとトランプ叩きに余念がありません。関心を持って推移を見守りたいと思います。

翻って日本国内。共謀罪でお困りの方々が必死の悪あがきをしております。森友学園・加計学園などとマスコミを抱き込み文春モドキの陰謀論を騒ぎ立て、国会を混乱させるのに余念がありません。その様子には怒りを通り越して哀れみすらおぼえます。

以下が加計学園問題について良くまとまっていると思います。
文書が実在したら文科省の方が都合が悪い話でしょ。
パチンコ屋の倒産を応援するブログ http://ttensan.exblog.jp/24387589/
ともあれ、彼らの巧妙な印象操作によって、時事問題に関してネットを見ない平和ボケした善男善女の方々が少なからず騙されているのは事実ですので、簡単に共謀罪について述べたいと思います。

みずほ総研のレポートがFATF~共謀罪の流れについて良くまとまっています。
https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/research/r141201keyword.pdf

以下、上記レポートを参考に自分なりにまとめてみました。

FATF(ファティフ、金融活動作業部会)
1989年 アルシュ・サミットにおける合意により設置された国際会議
マネー・ロンダリングやテロ資金供与対策における国際協力を推進

2003年 パレルモ条約批准、しかし共謀罪は3回にわたって廃案
2008年 FATF第3次相互審査にて、多くの法制度上の不備事項の指摘を受ける
2013年5月 マイナンバー法成立
2013年12月 特定秘密保護法成立

2014年6月 FATF全体会合にて、日本に対してのみ、マネー・ロンダリングやテロ資金供与対策に関する迅速な法整備を求める警告
マネロン・テロ資金対策で初の対日声明、早期の法整備求める=FATF | ロイター http://jp.reuters.com/article/idJPL4N0P82VF20140627
1.マネー・ローンダリング対策などに関して金融機関などの事業者に課される義務が不十分とされ、予防的措置として事業者の顧客に対する確認義務の拡大やリスクに応じた管理措置などが求められています。

2.テロリスト資産を凍結するメカニズムが不完全とされ、現在資産凍結の対象となっている対外取引だけでなく、国内取引においてもテロリストの資産を遅滞なく凍結できるようにすることが求められています。

3.テロ資金の供与を処罰する法律の規定が不完全とされ、処罰対象者や処罰対象となる利益提供行為の拡大が求められています。

4.パレルモ条約(国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約)の締結と完全な実施が求められています。

上記1~3に対応するため
2014年11月 テロ三法成立
・犯罪収益移転防止法改正案
・国際テロリスト財産凍結法案
・テロ資金提供処罰法改正案

上記4に対応するため
2017年6月 共謀罪(テロ等準備罪)成立見込み

国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約
(略称:国際組織犯罪防止条約、パレルモ条約、TOC条約)
外務省HP:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/soshiki/boshi.html
条約本文:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/treaty156_7a.pdf
第五条 組織的な犯罪集団への参加の犯罪化(==>共謀罪に相当)
1.締約国は、故意に行われた次の行為を犯罪とするため、必要な立法その他の措置をとる。
(b)組織的な犯罪集団が関与する重大な犯罪の実行を組織し、指示し、ほう助し、教唆し若しくは援助し又はこれについて相談すること。

<<非締結国>> 日本イラン、ブータン、パラオ、ソロモン諸島、ツバル、フィジー、パプア・ニューギニア、ソマリア、コンゴ共和国、南スーダン
<<締結国>> 北朝鮮を含む世界187か国

以上、ご理解していただけたでしょうか?

我が国の共謀罪を最も嫌がっているのは北朝鮮ではないでしょうか?すると、共謀罪に反対する勢力のバックには北朝鮮が・・・。共謀罪に反対することは、北朝鮮を利することになるかも知れませんよ!!


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年5月31日水曜日

近江の国・裏田上山で水晶探し

約1年半ぶりに石友さんからメールが来ました。ウラ田上へ案内乞う、とのこと。
もう一人の石友さんも随分とお久しぶりです。

猛暑が予想されたので前泊夜明けスタートとしました。
残念ながら、今回も、鷲掴み水晶やトパーズをゲットすることはかないませんでした。
しかしながら、石友さんはおおぶりの煙水晶をゲットしておられました。さすが北伊吹鉱山で私がかなわなかった成果を挙げられただけあります。

同じポイントでも人によって成果が異なります。運・根・勘(うんこんかん)と言う人もいます。まことに奥深い趣味だな、とつくづく思います。

入山扉を開けて出ようとすると、そばの農家の人に「マムシ居たやろ!!」と声をかけられました(あっ!前回に出会ったあの人だ!!)。「おらが山」を荒らさないように気を付けないといけませんね。

<ささやかな成果(畳マット5mm幅)>


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村