2017年11月10日金曜日

木曽・柿其渓谷で蛍石探し

柿其渓谷と言えば、沢登りやキャニオニング(川下り)でも有名です。



ゲートから林道をトボトボ歩きますがそれらしき気配が全くありません。


引き返す途中、2~3の赤テープと踏み跡があったので、?!と登って行くと、「緑の回廊モニタリング調査中」と書いてある監視カメラらしき物がありました。さては自分も映り込んでしまったか?(苦笑)


また、林道を少し戻り、それらしき辺りに向かって、藪を分け、小沢を登って行くと、堀跡らしき窪みがありました。しかし、鉱石は見い出せませんでした。


 午前早々に諦め、当初は2~3の鉱山・鉱床を欲張っていたのを変更し、再び田立を探索することにしました。昨晩いろいろ思うところあって、今度は、「ほったて」及びその上流側を見て回ることにしたのですが、予想外の展開が待っていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年11月3日金曜日

木曽・田立でアマゾナイト探し

洋名:アマゾナイト、和名:天河石、学名:微斜長石、かと思いますが、ある意味、トパーズや緑柱石(エメラルド)に匹敵するくらい稀少なようです。


さて、通称「ほったて」と呼ばれる長石採掘跡の手前辺りで車を停めてみると、何やら地面がキラキラしています。対岸の沢出合に赤テープがあります。こ、これは怪しいぞ!!と喜び勇んで侵入してゆくと赤テープが続いています。


水路があるではないですか。


グーグルアースでズリっぽく見えた左支流の所には何もなくて残念。本流も少し覗いたのですが一応見込みなしと見ていったん引き揚げました。


水路を辿ると農家の庭先に出て、採掘跡が見えました。


<モォ~~~!!>

今度は、少し下流の3本の支流を探索してみましたが、それぞれ少し入っただけでとりあえず見込みなしと判断しました。強いて言えば、左沢にトラロープがあったのが少し気になりましたが。季節外れの暑さに当てられたのか体調が悪く、3本ともあまり深入りができなかったのが残念でした。

<中央アルプス>

フォレスパ木曽あてら荘で入浴し、道の駅大桑で食事&車中泊しました。翌日は、気持ちも新たに、柿其渓谷で蛍石を探すことにしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年10月27日金曜日

木曽・夕森自然公園で蛍石探し

地質図は夢と妄想の宝庫です。
ひとかどの石マニアなら一度ならず地質図を睨んで妄想をたくましくしたことがあると思います。えっ??ない??それはいけませんな~~、修行が足りませんな~~、単なるコレクターで終わるのでは実にもったいないですぞ。
てなわけで、妄想に駆られてはるばる出かけてまいりました。

凸凹林道へと車を乗り入れ、延々と走り、とある谷の入り口に停めました。そこから荒れた谷を遡ります。小一時間、遡ったでしょうか、ふと足元の石ころを手に取ってみると、なんということでしょう!!米水晶と細かい蛍石がくっついてるではないですか!!おそらくここが貯鉱場跡かもしれません。

ここはさておいて、とりあえず奥の二俣あたりにあるはずの鉱山跡を目指しましたが、結局、痕跡を見い出せませんでした。

貯鉱場跡らしき辺りでしばらく採集しました。結晶がはっきりしたのは殆ど無く、脈状のものばかりでした。



午後は、田立へ移動して、アマゾナイト探しです。はたして見つかりますかね~~~?


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年10月23日月曜日

飛騨・猪之鼻鉱山 探訪

選挙祭りにかまけてたので更新が遅れておりました。とまれ、一抹の不安を神風台風様がお祓いしてくださったのでしょうか、日本国の未来もまだまだ捨てたものではないと安堵いたしました。さて、高根鉱山探訪の翌日です。

翌日は、蛍石の猪之鼻鉱山を目指しました。それらしき辺りで車を停め、林道を歩きながらウロウロしますがなかなか遺構らしき物が見当たりません。それでも林道の山側に坑口跡らしき窪みがありました。

<坑口跡?(左手前)、貯鉱場?(奥)>

林道の谷側をうろついてみると、石組みが数ヶ所、石マニアの仕業らしき堀跡が数ヶ所あり、ここが貯鉱場のように思えました。

貯鉱場?

気を良くして、小一時間ホリホリしたのですが、残念ながら鉱石は見い出せませんでした。結局、諦めて、さらに山奥にあるという猪之鼻栄鉱山を目指しました。

谷は平流で長靴でも大丈夫でした。それらしき辺りに石組みがあり、左からズリらしい土石が押し出していました。これまで足跡がありましたが、この上流にはなかったので、釣り人ではなく石マニアのものかもしれませんね。

<石組み>

<ズリ??>

しかし、ここでも結局、鉱石は見い出せませんでした。対岸には数ヶ所の崩壊があり、試掘跡に見えなくもありませんが。諦めて、午後は、心機一転、大倉鉱山へ向かいました。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年10月7日土曜日

【半島有事対応・前倒し解散】安倍政権継続しかない!!

【日本国の国難を救えるのはあなたの一票です!!】
解散の大義がどうたらこうたらと煩いですが、政治に民意を反映する機会を与えてくださるのですよ!是も非も無いでしょう!有り難い事ではないでしょうか?!
是非とも一票の権利を行使いたしましょう!しかしながら、実績・裏付けのない美辞麗句に騙されてはいけませんよ!!
ちょっと待て その候補者は 元民進!!

========================================
【安定・実績の安倍政権を継続させよう!!】
選挙のためだったら何でもする。誰とも組む。こんな無責任な勢力に、私たちは負けるわけにはいかないんです!
余談ですが、安倍総理のこの発言を、あろうことか日本テレビがゴールデンタイムに、「こんな」を含む以後の部分を意図的にカットして報道する、という悪意あるフェイクニュース報道をやらかしたのは記憶に新しいところですね。

========================================
【来年に迫る北朝鮮暴発!!】
核ミサイルに異常執着してやまない金正恩に対し、「対話に応じよ」との最終圧力をかけるべく、トランプはとうとう伝家の宝刀を抜きました。すなわち
アメリカ独自制裁
です。詳細は省略しますが、この制裁リストに載せられた企業・個人及びそれらと取引のある者は世界中で資金移動が不可となり、経済的に息の根が止められます。
テロリストの友達はまたテロリスト
というわけです。

おそらく、アメリカ独自制裁で追い詰められた北朝鮮が暴発するとすれば、年末以降、来年にかけて、と囁かれているのです。

まさに、今般の解散総選挙は、
半島有事対応・前倒し解散
と捉えるべきでしょう。こんな国家存立危機事態に対し、北朝鮮問題に関する外交努力を積み重ねてきた安倍政権を退場させることはまさに北朝鮮の思うツボとなるに違いありません。また、アベノミクスの成果も数字として目に見えてきています。
画像リンク=>https://pbs.twimg.com/media/DK-jueHUIAA2QlH.jpg

========================================
【希望の党は第二民進党??】
ここにおいて、小池百合子さんが希望の党を立ち上げて、政界をひっかき回しています。
小池さんの真意は
初の女性総理大臣になるためだったら何でもする。誰とも組む。
なのは明らかです。おそらく、
保守連立政権(共産・立憲民主抜き)を立ち上げ、都知事を辞任し、自ら首班指名を受ける
のが狙いだと思われます。結果的に
民共分断を謀り、民共選挙協力を著しく弱体化させた
ことは安倍政権にも追い風になっています(もしかして安倍小池密約があった??)。
しかし日和見の
(議員になるためだったら何でもする、誰とも組む)民進党
の議員を過半数受け入れたことから第二民進党と揶揄されていますが、
選挙後、内紛・分裂・出戻りは必至
でしょう。
ちょっと待て その候補者は 元民進!!

========================================
【希望の党候補者スキャンダル一覧表】
画像リンク=>

======================================
【立憲民主党は支離滅裂??】
本質的には第二共産党でしょう。民主党=>民進党=>立憲なんとか党・・・何回、党名ロンダリングしたら気が済むのでしょう??
それにしても、枝野代表の護憲は口先だけのように思われます。まず第一に、
立憲=憲法を制定する
ことですよね!!第二に、
枝野代表は改憲論文を発表しておられますよね!!
記事リンク=>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-10/2013091002_02_1.html




ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング