2017年9月18日月曜日

日本防衛3本の矢~ミサイル迎撃・敵基地先制攻撃・核抑止力

朝鮮半島はじりじりと緊迫の度を増しています。

既存の核・ミサイル保有国は国際的にも分別のある国だとみなされています。しかし、北朝鮮は、6か国協議などに於ける約束違反や好戦的な言動からも分かるように、核・ミサイル保有を決して認めてはいけない国であることは明らかです。

しかし、この期に及んでも「対話が重要だぁ~~」と妄言をわめく人達が日本国内にも居ますが、北朝鮮が「対話という名の時間稼ぎ」で関係諸国を騙し、核ミサイルを米国に到達寸前にしてしまった、ことを何と考えているのでしょうか???

もし万が一、北朝鮮の核・ミサイル保有を認めれば、日本は未来永劫、北朝鮮から核で恫喝されて政治的に譲歩し続けなければならなくなるでしょう。また、そればかりではなく、中近東やアフリカの同様な国々やテロリストに核・ミサイルが拡散し、広島・長崎以来の核兵器の実戦使用の可能性が著しく増大することは火を見るよりも明らかです。

ともあれ、日本の防衛力強化が急務です。さしづめ下記3対策の実施検討は現行憲法下でも合憲であり、現実的ではないでしょうか?

1.ミサイル迎撃システム強化
既に政府は予算化を明言しましたが、イージス・アショア(陸上型イージス)の配備が急務です。

2.敵基地先制攻撃体制の構築
上記のミサイル迎撃システムをもってしても、飽和攻撃(多弾頭もしくは複数ミサイルによる同時攻撃)は防げないといわれています。先日の北海道越え発射においても多弾頭化の実験ではないかという見方もあります。日本人に多大な犠牲が生じてからではもう手遅れなのです!!そこで、敵ミサイル基地を先制攻撃するための巡航ミサイル(トマホーク)の配備が必須となります。

3.核抑止力の保有
最悪の事態、例えば、米国が北朝鮮の核保有を認めてしまった場合などに備えて、核抑止力の保有に関する検討も始める必要があるでしょう。具体的には、
非核3原則を見直し、いわゆる非核2.5原則に変更する
のが適当かと思われます。

より具体的には・・・我が国の技術力で十分、自力開発は可能と思われますが・・・米国が許さないと思うので、

・旧式でもいいから核SLBM(潜水艦発射型核ミサイル)を米国から購入する。
・旧式でもいいから原子力潜水艦を米国から購入する。
・上記を日本海・東シナ海に配備する。

のが、米国の対日貿易赤字削減にもなり、現実的だと思います。

折しも、来月には衆議院選挙があります。
一人でも多くの日本国民が安倍政権支持を表明する
ことこそが挙国一致で日本国民の危機を最小化することにつながるのではないでしょうか!!


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年8月25日金曜日

奥秩父・小川山西股沢の水晶

余りの猛暑にもっか引きこもり中であります。

一方、朝鮮半島情勢は一触即発の情勢が続いております。北朝鮮の核・ミサイルを容認する=気違いに刃物、というのが国際社会の共通認識であります。若き首領様は現代版ABCD包囲網にジワジワと締め上げられ、もはや沸点寸前のようです。けれども、彼が核・ミサイルを放棄しない限り、朝鮮半島が火の海になるのは避けられないでしょう。

まあ、日本さえとばっちりを食わなきゃ半島がどうなろうとかまわないんですよ。ついでに北がブチ切れて北京に核をぶち込んでくれればなお結構です。そうなりゃ第二次朝鮮特需でがっぽり儲けさせてもらいます。ただし、どうせ恩を仇で返す国ですからお代はがっぽり頂きますよ(笑)

冗談はさておいて、先月の小川山の水晶、粗品ですけれどアップしておきます。





ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年8月10日木曜日

日本の平和を脅かす者~~中国・北朝鮮・韓国~~

原爆の日、終戦記念日と本年も日本の平和について思いを馳せる8月がやってまいりました。しかしながら、朝鮮半島情勢はますます緊迫度を増しています。

もはや、「日本死ね」が党是の野党4党に扇動されて、
憲法9条真理教を崇め奉ったり、戦争法案などと浮かれている場合ではありません。今こそ、日本の平和を守るために何をするべきか?、と日本人ひとりひとりが真剣に考えるときではないでしょうか?

私も、及ばずながら、「日本の平和を守る為に」というカテゴリーで自分なりの意見を書いてきましたので、ブログ右側サイドブロックのカテゴリー「日本の平和を守る」をクリックして読んで頂けたら幸いです。

さて本題、中国・北朝鮮・韓国は、巷間「特ア3国」と呼ばれています。多くのアジア諸国の内で「特異なアジア3国」という意味かと思われます。現在、これら3国が我が国の平和を脅かす存在であることは国民の大多数が認識するところとなったようです。ここで改めて彼らの危険性を解説したいと思います。

<中国>
このエリアは、現在、漢民族が支配しています。

実は、このエリアは、隋・唐・元など遊牧民族が支配していた時期は開放的なゆえに文化が花咲きました。しかし、漢民族が支配していた時期は、万里の長城に象徴されるように閉鎖的で、文化発展しませんでした。

中でも特徴的なのは
華夷思想(中華思想)
すなわち、
「中華」は世界で最も文化的な中央の地であるとし,
周辺諸国を文化の遅れた劣等国と蔑視し,夷狄(いてき)と称してこれを差別する
思想です。

まさに現代中国は、中華思想を体現するかのごとく、
チベット・ウィグル・南モンゴルを植民地化・弾圧・虐殺
し、太平洋へ我が物顔に海洋進出するために、
尖閣・沖縄を皮切りに日本列島を併呑・自治区化
しようと企んでいます。また、国境を接するインド・ブータンとも小規模紛争を起こしています。

<中国による少数民族の弾圧・虐殺>
あらためて説明するまでもないでしょう。中華帝国の手先に他なりません。また北に接する中国の瀋陽軍区とは経済的にも密接で切っても切れない関係のようです。

また、スパイ防止法がないため、憲法第9条があったため、100~800人をまんまと拉致され、40年経っても未だに殆ど取り返せていません。

<韓国>
日本民族は、
相手との約束を誠実に履行し、対等な関係を望む
民族です。

反して、朝鮮民族は、
上下関係が基本であり、相手が下だと見るや強圧的になり、上だと見るやすり寄り媚びへつらう(事大主義)
民族です。だから、日米と中朝の間をフラフラして節操がないのです。

さらに、朝鮮民族には、約束とか嘘とかいう観念がないため、約束を破ったり、嘘をつく、ということに対して全く罪悪感がないし、彼らにとっての歴史とは、事実でなくても構わないのです。結果、日韓合意破棄を平気で口にするし、強制労働とか慰安婦強制連行などを平気で口にするのです。

日韓関係においても戦後、日本は韓国にさんざん煮え湯を飲まされてきました。また、余り知られていませんが、二度も対馬侵攻未遂をやらかしています。つくづく、

非韓三原則=助けず、関わらず、近づかず

が最善の道と思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年8月4日金曜日

終戦記念日~~戦争犯罪国はアメリカだった!~~

原爆の日、終戦記念日と本年も日本の平和について思いを馳せる8月がやってまいりました。しかしながら、朝鮮半島情勢はますます緊迫度を増しています。

もはや、「日本死ね」が党是の野党4党に扇動されて、憲法9条真理教を崇め奉ったり、戦争法案などと浮かれている場合ではありません。今こそ、日本の平和を守るために何をするべきか?、と日本人ひとりひとりが真剣に考えるときではないでしょうか?

私も、及ばずながら、「日本の平和を守る為に」というカテゴリーで自分なりの意見を書いてきましたので、ブログ右側サイドブロックのカテゴリー「日本の平和を守る」をクリックして読んで頂けたら幸いです。

しかし、いまだ、大東亜戦争は日本の侵略戦争だった、と思い込まされている人が大勢おられるようです。そのような方々に是非読んで頂きたい本があります。


著者のヘンリー・S・ストークスは、終戦当時、東京特派員として、東京裁判を世界に報道しつづけた英国人ジャーナリストです。第三者的な立場から客観的に大東亜戦争の真実が語られています。余談ですが、著者の息子さんはタレントのハリー杉山さんです。

白人キリスト教国による植民地政策の歴史から説き起こし、対日開国要求、明治維新、そして大東亜戦争終戦に至る経過が詳細に綴られています。

そして、占領軍政策WGIPにより殆どの日本人が陥った代表的な下記の思い込み(洗脳)について、著者はすべて論破しています。

<<占領軍の洗脳政策WGIPにより殆どの日本人が陥った代表的な思い込み>>
・「A級戦犯」が祀られる靖国神社に首相や閣僚が参拝するのは良くない。
・民意に反して、軍部が戦争に国民を引きずりこんだ。
・日本は、侵略戦争を起こし、アジアの人々と戦った。
・日本軍は、アジア諸地域、太平洋戦域で、多くの民間人を犠牲にした。
・日本軍は、沖縄の人々を見捨て、犠牲にした。
・東京大空襲も、全国93都市を含む200近い地域の空襲、広島・長崎への原爆投下も、日本が過ちを犯したからで、反省すべきだ。
・連合国戦勝史観と違う歴史について語る者は「歴史修正主義者」である。

その他、著者の深い宗教観なども披瀝されており一読の価値ある一冊だと思います。

まもなく、終戦記念日を迎えます。

洗脳から脱し
「大東亜戦争は日本の自衛戦争であった」
という正しい歴史認識を持つ

ことが、日本を守ろうとして戦って下さり靖国に眠る200万柱余りもの英霊の方々(戦犯の汚名を着せられた方々を含む)に対するなによりのはなむけになるのだと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

2017年7月27日木曜日

奥秩父・小川山、甲武信鉱山 水晶掘り

先日、表記の産地に遠征してきました。近年、とみに軟弱になり、猛暑の7~8月はアウトドア活動しないことにしてましたが、珍しく石友さんからのお誘いがあり、重い腰が上がりました。

前夜発で長野県川上村、小川山の廻り目平より入山。

<西股沢の清流>

<ロッククライミングの小手調べ岩>

今回は山上ではなく高度差100m余り登った所。下界は猛暑でしょうがここは涼風の別天地。あっちをホリホリ、こっちをホリホリと、小一日粘って自分的にはそこそこの水晶が採集できて満足でした。

 <水晶産地>

今夜のお宿は定番の湯沼鉱泉。決して小綺麗ではありませんが、夕飯は肉・渓魚・高原野菜など、ボリュームたっぷりでいつも満足です。関東からの石友さん2名も合流して、皆さん有名な鉱物ブロガーたちだけあって、ユニークと言おうかなんと言おうか、とにかく興味の尽きないお話で盛り上がりました。

 <夕食は御馳走、テンプラやサラダもあったよ>

翌日は、甲武信鉱山へ行く前に近くで軽くひと堀りしましたが、小さなのが少し採れただけでした。

 <朝飯前?の産地>

さて、甲武信鉱山は緑水晶ズリで大物が採れるとの触れ込みでしたが、残念、不発でした。けれども、この鉱山は広大で、かつ心置きなく掘れるので再訪したいところです。

<甲武信鉱山・第二テラスの坑口>

今回、採集した水晶は、泥落としのため、手間なしブライトに3日、鉄サビ落としのため、蓚酸溶液に3日、現在、再度の蓚酸溶液に漬かっています。適当な時に取り出して画像をアップしたいと思っています。

早く涼しくならないかな~~。「裏田上や北伊吹では大物がお待ちですぜ!!」「笠ヶ岳や飯豊はリベンジしないのかね?軟弱なおじさんだな」などと悪魔が耳元で囁いております。図書館通いでリストアップした気になる場所も多数、積み残したままですしね。膝との相談ですな。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング