2018年9月26日水曜日

自らのアイデンティティを語れますか?(1)~~ご先祖様へと遡ってみましたか?~~

アイデンティティ=自己を確立する要素、だそうです。
自己の来歴を知ることなしに自己を確立することはできない、のではないでしょうか?
自己の来歴を知らないままでは、デラシネ(根無し草)みたいなもの、かも知れません。
そのためには、以下の作業が必要ではないか、と自分なりに考えて見ました。

第一:直系(家督相続、血縁)のご先祖様のことを知る
第二:大東亜戦争史(日本史上最大の事件)を知る
第三:日本史(日本列島における日本人の来歴)を知る
第四:日本人が日本列島にやってきた来歴を知る

今回は、第一:直系(家督相続、血縁)のご先祖様のことを知る、について書いてみます。

こんな事を考えるきっかけの第一は、NHKのファミリーヒストリーという番組です。痛感したのは、一般に、「自分のご先祖様のことを知らなさすぎる」ってことです。出演した有名芸能人のご先祖様の、本人も知らなかった感動的ドラマの数々が取材陣の調査力により浮き彫りにされていました。

反面、笑えない騒動もありました。ジャーナリスト鳥越俊太郎氏の回でしたが、番組終了後、鳥越家から「鳥越俊太郎とは関係がない」旨の抗議が来たことがありました。真偽は不明ですが、鳥越俊太郎氏には朝鮮半島出身疑惑があり、それを払拭するために番組を利用したのではないか、ということです。

第二は、産経新聞の書評欄で紹介されていた下記の本を読んだことです。


立派なホームページもあります!!

この本には、誰でもできる調査方法のノウハウが詰まっています。自分もそれにならってご先祖様の戸籍調査から始めることにしました。そして、現在、調査終了し、江戸末期まで辿ることができましたので、次回、それについて書く予定です。


ブログランキング・にほんブログ村へ< ===よろしければ、クリックお願い致します!
にほんブログ村
< ===よろしければ、クリックお願い致します!
人気ブログランキング

0 件のコメント:

コメントを投稿